2011年09月26日

命のかて、くりもと地球村訪問記

日本を良くする熱き想いで
実際に行動してる佐々木重人さんの紹介で、
命のかての大庭さん、
くりもと地球村の佐藤さんを訪ねた。

千葉県の栗源、東京駅から高速バスで80分。
大庭さんがゆったりお茶しながら、
熱い想いを語ってくれた。

無農薬の農業。
畑に裸足で入れて、
土触ってると
水虫や肌荒れが治っちゃう。

安心・リラックスがありました。

野草とも共に生きる。

土や微生物と共に生きる。

お金があっても、
流通が止まると食料や水が
買えなくなる。

食料の自給、大切ね。

佐藤さんは15年も自然農を
栗源の地でやっている。

アトピー始め、
様々な人が健康になっていく。

なんと新卒で3年間の農業研修に来てる人が二人。

小遣い3万円でありながら、
深い安心がある。

大地を踏みしめる生活してると
アスファルト歩くと
頭が痛くなるって。

何かを麻痺させながら
生活していないか?

また行きたいな。

今度は、宿泊で朝のミーティングにも
参加したいな。

日帰り初回だけ、入村料1800円だった。
食事も500円で無農薬野菜たっぷり。

新しい生き方、見付かるかも。

命のかて
http://inochinokate.net/

かっこいい大庭さんに会ってみて。

無農薬野菜も定期購入できるって。

農業やる前に
農業を支援する、
いや
農業に支援してもらうことも
選べるね。

母なる地球、父なる太陽と共に
生きる。

posted by みやじっち at 08:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。