2011年06月23日

拡散希望!7.24愛知県岡崎市魅RAKU流ミラクル主催薬を使わない精神科医みやじっち対元チーママりかちゃん

メンタルセラピストでもあり、自らもセラピスト養成している元チーママのりかちゃんと
一緒にやるよ。

300人!拡散希望です。

はっちもありがトン。

また四日市でもやりましょ。

「主催者の想い」
ストレス社会で13年以上自殺者が3万人を超える日本、2人に1人はうつ症状と言われている中、自己メンタルセラピーの大切さ、その方法をお伝えします。
この3時間で心がもっと輝くお手伝いをします





宮島賢也 × 稲垣利香 心が癒されハッピーになれる講演会


【日時】 7月24日

【時間】 14:00〜17:00

【会場】 岡崎市西部交流センター やはぎかん ホール
     (岡崎市矢作町字尊所45-1)

【参加費】 前売り ¥2100  当日 ¥2600
      ※収益のすべてをチーム三河に寄付させていただきます

【定員】  300名

【お問い合わせ】 ※☆を@に変更してください
 090-1753-3520
 bach-flower.j-t510☆softbank.ne.jp 山口

 080-4217-1849            はっち

「主催」 
 魅RAKU流


「講師プロフィール」

【宮島賢也(みやじま けんや)】
1973年生まれ、神奈川県出身、東京都在住。
薬を使わない精神科医。湯島清水坂クリニック院長。メンタルセラピスト養成講師。 産業医。児童養護施設の嘱託精神科医。
夫婦喧嘩の常態化した家庭で育ち、慢性的な自殺念慮にかられていた。 自分は何の価値も無いと感じていたが、医師なら人の役に立てるだろうと、医学部を志願し、開成高校から全寮制の防衛医大に進学。循環器内科医として研修中に自らのうつ病を経験。
その後、精神科医として働きながら自分自身も7年間抗うつ薬を服用していたが、薬では根本原因は解決しないと気づき、自らの体で実験し、薬を止める。
現在は、「湯島清水坂クリニック」の院長として、自律神経免疫療法とメンタルセラピーを中心とした「薬を使わない」治療法で、うつや各種精神疾患、ガンやリウマチなどの治療に当たっている。
著書に『自分の「うつ」を治した精神科医の方法 』(KAWADE夢新書)など、共著に『安保徹免疫学 症状別実践法・入門』(宝島社)がある。

宮島賢也先生が院長の湯島清水坂クリニックのHP
http://yushima-s-clinic.com/

【稲垣利香(いながき りか)】
1974年生まれ、一宮市出身、安城市在住
心理学サロン魅RAKU流 代表
18歳でホステスの世界へ、21歳でチーママになり仕事のプレッシャーから躁うつ病に。心理学を学び10年のうつを克服。
2007年に笑いと涙の心理学サロン魅RAKU流を発足。三河から日本を元気にしたいと活動中。
その他、東日本大震災復興支援隊 チーム三河 代表
    明るい自殺防止団体   NPOいちごいちえ 会長
posted by みやじっち at 10:57| Comment(0) | みやじっちセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。