2010年10月18日

「鉄オタな経済学」をテーマ中嶋茂夫さんの著書、「山手線と東海道新幹線では、どちらが儲かっているのか?」

「鉄オタな経営コンサルタント」中嶋茂夫さんが
「鉄道x経済学」をテーマにした

「山手線と東海道新幹線では、どちらが儲かっているのか?」

を出版されました。

10月18日(月)〜10月19日(火)の間に
キャンペーンページ
http://links.nakajimashigeo.com/JapanRailways

でキャンペーンを開催されています。


◆Chapter1
山手線と東海道新幹線では、どちらが儲かっているのか
〜営業損益における売上とコスト〜

◆Chapter2
トワイライトエクスプレスのスイートが2部屋しかない理由
〜利益を最大化させる仕組み〜

◆Chapter3
大阪環状線に40年前の車両が走っているワケ
〜ストックを活かした資本投下〜

◆Chapter4
東海道新幹線を最安値で利用する方法
〜固定費と売上の関係〜

◆Chapter5
なぜ回数券や割引切符の種類がやたら多いのか
〜競合対策と価格設定の関係〜

◆Chapter6
Suica、ICOCAの普及をJRが進める理由
〜販売システムの多角化と手数料収入〜

という、ビジネス視点での鉄道のJRの儲けの仕組みを
分析した本なので、鉄道マニアの方はもちろん、
経営者やマーケティング部門、管理部門、営業部門の方にも
十分楽しめる内容になっています。


10月18日(月)〜10月19日(火)の間にamazonで書籍を購入されると

▼いすみ鉄道を応援!貸切懐石列車に抽選でご招待
▼「豪華寝台特急に乗ってコンサル」に抽選でご招待

など、この本でしかあり得ない特典が提供されています。

ぜひ、キャンペーンページを今すぐチェックして
「いいね!」ボタンをクリックするか、
「お気に入り」に登録しておいてください。

http://links.nakajimashigeo.com/JapanRailways
posted by みやじっち at 16:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。