2010年09月30日

NPOえほんうた・あそびうた代表のウクレレ西村さんからのメッセージ

<自分のミッションを見出した治療>   

西村直人 音楽家 
NPOえほんうた・あそびうた代表理事 

僕は歌を通して
人々に幸せを届ける
という使命に立ち戻る事ができました。

そうすると7年治らなかったうつが、
みやじっち先生の診療で
わずか5ヶ月で完治しました。

 振り返るとそれは、
自分が本来何の為に生きているか
ということに気付き、
そのミッションにそって
行動できるようになる
というプロセスでした。

仕事が多いからではなく、
本来やるべき事をやっていなかったことが、
ストレスになっていたのです。

 僕はミュージシャン(キーボーディスト)として
活躍し順風満帆ともいえましたが、
与えられた仕事をまじめにこなしている
といった感じでした。

ところが、子育て中に
子どもたちから無償の愛や
無限の創造力をもらい、
たくさんの歌を作曲するようになりました。

それが本来の僕自身の
深い所から溢れ出る
真に自分の音楽だと確信できました。

絵本や子どもたちとの生活をテーマに
年間300曲というペースで
作曲したりする時期もありました。

 サポートの仕事で
自分の音楽を発信することの大変さを
いろいろなアーティストを
そばで見ていて知っていた
(自分が勝手にそう理解していた)ので、
自分の音楽を世に出す事に
大きな壁を感じ
自分から行動することを
最初から諦めていました。
誰かが救い上げてくれる事を
待っていました。

しかし、何も起きませんでした。

 そのうち、鬱になりました。

自分のやりたいことに蓋をしていました。

できないことを仕事のせいや、
家族のせい、周りの環境のせいに
していました。

というか、自分がそもそも
何がやりたかったのかさえ、
意識できずに忘れてしまっていました。

 みやじっちさんの診療の最初に
「病気は自分で治す」
「うつはメッセージ、
幸せになれば自然に去っていく」
ということを自覚するように促され、
そこにエネルギーを向けると
「ああ僕は治るんだな、
治っていいんだな。」
と思う事ができました。

何が自分にとって大切なことか
意識できるようになりました。

 それから、治療の最初は
体がほぐれることが何より大きかったです。

鍼の先生が体をほぐしてくれます。

入浴、枕、食事の指導もしてくれました。

体がほぐれると心もほぐれることが
すぐに実感できました。

心と体はつながっている。
本当に答えはシンプルです。

こんな大事なことを
現代医学ではやらないことを
疑問に感じます。

 そしてみやじっち先生の名コーチぶりで
前に進んでいけました。 
新しい歌の世界へ旅立ちたく
仕事を整理しようとしていると、
大きな壁がありました。

妻に今の仕事(福祉施設での支援の仕事)をやめたい
ということをなんて言っていいか
悩んでいたのです。

するとみやじっち先生は
「あなたの人生ですよ。
奥さんに言う必要がありますか?」

僕はびっくりしながらも
自信を持って新しい道に進む事を
決意できました。

 次の診療で仕事をやめたことを告げると
「そのこと奥さんは知ってますか?」

僕は心の中で
「ええ!?この前ということが反対?」
とまたびっくりさせられながらも
「いえ、まだ知りません。」

すると
「情報は共有していた方がいいですね。」
と先生。

僕はうまいことやられた!と
笑ってしまいました。

 その後、引き寄せという言葉が
一番あてはまるのですが、
自分が決断し
情報とエネルギーを発信し出すと、
自分を応援してくれる人たち、状況が
次々とあらわれました。

そして自分の活動を実現する
「NPOえほんうた・あそびうた」なる団体を
代表として立ち上げる事ができました。

 さらにみやじっち先生も
いろんな学びをへてこられたことを知り、
ジェームススキナーさんや
福島正伸さん、
エドウィンコパードさんといった
成功哲学、心理学、
経営コンサルタントや
ヴォイスマスター
といった分野の方たちから
たくさん学ぶことにしました。

今は学びながらそれを実践する日々です。

 マイナス(病気)の状態から
ゼロ(病気でない)にするというのではなく、
プラス(本来の自分が成長し続ける状態)に
転じたのです。

 僕がうつを手放すのを加速させた
経営コンサルタント
福島正伸さんの言葉です。
「悩んだ人ほど悩まなくなる」

「やるということだけは決める。
どうやるかはすべてあとでよろしい。」

最後に宮島先生、
横山先生、
スタッフの皆様
ありがとうございました。
posted by みやじっち at 07:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。