2009年09月15日

湯島清水坂クリニックの治療公開!

船瀬俊介先生の『病院に行かずに「治す」ガン療法』を読みながら、
病院の医師にもガン患者さんの余命宣告やガンの告知の仕方や治療法の伝え方で
どんなショックを受けているかを知ってもらいたいと想う。

患者のために良かれと想って、手術や抗ガン剤や放射線を勧めているのかもしれない。
しかし、そのときにショックや恐怖を与えては免疫は下がってしまう。

脳は、実際に起きていることと想像していることの区別はつかない。

ガンが不治の病と想っている人は、その通り。
がんも治るものと想っている人も、その通り。

今は、病氣と言わず、メッセージと考えることをお勧めしているよ。

がんになる前の考え方や生き方が苦しいよというメッセージ。
体を張って、教えてくれている。

症状は健康を維持するための浄化のしくみ。

がんも体に合わないストレスや食べ物を塊として、集めてくれている。
体に体に合わないものへの免疫を創り出してくれている。

がんが過労死や突然死、自殺から護ってくれている。

がんのメッセージを受け取り、
考え方、生き方を変えた人は、
ウェラー・ザン・ウェル、
前よりいい生活になったと言っている人いっぱいいるよ。

医療関係者の人で宮島の診療やメンタルセラピーの見学を
希望する人は、メッセージ頂戴。

(見学OKの患者さんの診療のとき、見学してもらいます。
多くの方、見学を受け入れてくれます。)

がんの方が感じたこと、聴いてみて。

余命宣告は病院での3大療法での余命かな。

余命宣告されても、その医師からの情報提供。
ショックはもったいない。

自律神経免疫療法も考えてみて。
ショックを受ける本を読むのでなく、
安心と希望が得られる本を読んで。

がんを治していない医師の話を聴くのでなく、
がんを治した患者さんの話をいっぱい聴いて、
治るイメージを植えつけていこう。

がんのメッセージを受けとり、
考え方や生き方を変えた人は、
がんを忘れて、人生を楽しんで。

応援してます。
posted by みやじっち at 16:02| Comment(0) | 湯島清水坂クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。