2011年10月11日

自然育児、自然出産、自然と共に生きるエコビレッジ

和歌山の家族に会いに行ってきた。

まーひーちゃんは、オムツ無しの裸育児。

一緒にいた頃は、おしっこやウンチの匂いが嫌で、
夜は紙オムツしようと提案してた。

今の笑顔を見てると、紙オムツ無しって、
ステキね。

自分でも紙オムツの中で、
ウンコとおしっこはしたくないな。

おしっこは、「ちっち」と大夫教えてくれ、
おマルでも始めた。

ウンチは、事後報告で
「うんうん」と教えてくれる。

ご飯食べた後にウンチングスタイルになると
プリプリ出てくる。

4,5回場所替えてしてくれる。

一番出しやすい姿勢なのかな。

まーひーちゃんからウンをよくもらって、
おかげでトイレの便器も素手で
洗えるようになったよ。

嫁さんから『あなたにもできる自然出産ー
夫婦で読むお産の知識』さかのまこと(本の泉社)を
借りてきた。

病院でのお産は、現代科学の文化かも。

始めは、病院の分娩の作られた神話を
さまざまな情報を提供してくれる。

これからプライベート出産のこと書いてあるみたい。

楽しみ。

凄い産科医と思ったら、
自然哲学者だって。

医師には頼らないほうがいいのかもね。

助産師さんと自然分娩を推進したいと
思ってたけど、
助産師さんも医療主体の産科学を学んでる。

主役は、妊婦さんご本人。

自分の人生を自分で決めたい人が
増えるといいな。

お産が病気でなく、
健康な営みに戻りますように。

一つ大事なことは、
妊婦になる前から、
安心・笑顔で生き、
体が喜ぶ食事、運動してること。

しんどい生き方してるときは
コウノトリさんも来れなかったり、
帰っちゃったりするかも。

後、紀の川市のエコビレッジ目指してるばんじろう村、
見学してきた。

エコビレッジは土地はあって、
構想中。

先に農業や生協を法人経営されてる。

無農薬の農業できる畑を貸してくれる。

やりたいビジョンがある人は、
相談乗ってくれるかも。

ばんじろう村村長の箕島さん。
http://can21.fc2web.com/banjirohp/sontyoumesse.html

今までゆっくりだったけど、
3.11の震災、原発事故で
ペースアップするって。

和歌山、熱いです。

『ガイアの法則』の宇宙スピン理論の東経135度ライン。

各地に自給自足のエコビレッジができるといいな。

お金や時間に縛られない暮らし、
安心・笑顔で
地球と共に生きる暮らし。



エコビレッジを目指してるばんじろう村見学してきた。
posted by みやじっち at 08:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。