2011年02月17日

子育て新システム?子供の笑顔が増えますように

●「『子ども・子育て新システム』ってどうなんですか会議」開催のご案内
〜少子化対策担当副大臣、与野党議員、市民が遠慮抜きの大議論〜

-------------------------------------------------------------

★これまでの保育政策から大きく踏み込んだ、内閣府「子ども・子育て新システムの基本制度案要綱」http://bit.ly/9otFd0
そこには幼保一体化だけでなく、例えば、
・従来の大型保育園だけでなく小規模で手厚い保育園を可能にさせる「小規模保育サービス」
・待機児童問題のボトルネックであった自治体主導式から、基準を満たした事業者がサービスを提供できる「指定制」
・従来の不足していた病児保育施設を補う「訪問型病児保育の制度化」
等など、目を見張る画期的な政策が並んでいます
★しかし、実際にこれらは可能なのか?財源はどうするのでしょうか?課題はないのでしょうか?
★こうしたポイントを、少子化対策担当副大臣、与野党議員、NPO、子育て中の保護者の方々。
それぞれの立場から包括的に議論し、あるべき未来の保育・子育て支援制度を描きます

-------------------------------------------------------------
2011年2月25日(金)18:30〜21:00@東京しごとセンター 飯田橋(18時開場)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼開催概要:

■日時:2011年2月25日(金) 18時30分〜21時00分 (18時開場)

■場所:東京しごとセンター講堂
東京都千代田区飯田橋3丁目10番3号
★東京メトロ東西線 飯田橋駅「A5出口」より徒歩3分
★JR中央・総武線 水道橋駅「西口」より徒歩5分
★東京メトロ東西線 九段下駅「7番出口」より徒歩8分

※駐車場のご用意はございませんので、お車での来場はご遠慮ください。

■対象:
・子ども・子育て新システムに関心がある方
・マスメディアの記者の方
・子育て中、子育て経験のある方、または子育てに関心がある方
・待機児童問題を解決したいとお考えの方
・行政職員、議員、研究者、保育業界
・家庭的保育を多角的に検討し、あるべき家庭的保育制度のビジョンを描くことにご興味のある方

※会場の関係で託児のご用意はありませんが、お子様連れの参加が可能です。

■参加費:無料

▼プログラム:

@18:30〜18:50(20分)
基調講演「新システムでズバリここが良くなる!」
末松 義規 内閣府副大臣(少子化対策)

A18:50〜19:50(60分)
パネルディスカッション「新システムで何がどうなるの?」
★モデレータ
NPO法人フローレンス代表理事 駒崎弘樹

★パネリスト
西村智奈美 衆議院議員(民主党)
柿沢未途 衆議院議員(みんなの党)
小田あきさん (子育て中の母親)
他、与野党議員、子育て中の父親が参加予定

B19:50〜20:30
会場からの質疑応答 「なんでも聞こう!そして描こう、子育てしやすい未来の日本!」
会場から質問、疑問をぶつけよう!Twitterからの質問も受け付けます!

C20:30〜21:00
懇親・意見交換会
参加者ネットワーキングの場(お飲み物あり)

■主催
NPO法人フローレンス、子育て応援基金、日本ワーク・ライフ・バランス研究会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●お申込みはこちらより!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・下記フォーマットに必要事項をご記入し送信してください。
http://bit.ly/epot8o

※今回のシンポジウムの際には、大変申し訳ございませんが
会場の関係上、託児を設けることができませんでした。
あらかじめご了承くださいませ。お子様連れの参加は可能です。
子育て中の方もどうぞご参加ください!

※本フォームで頂戴する個人情報につきましては、当該イベントの出席
処理、また出欠の確認のため利用させて頂きます。なお、ご本人の
個人情報を、ご本人の同意なしに業務委託先以外の第三者に開示・
提供することは、一切ございません(法令等により開示を求められた
場合を除く)

****************************************************
posted by みやじっち at 16:03| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安保徹先生の新刊が面白い!『病気が治る免疫相談室』ソフトバンク・クリエイティブ

安保徹先生の新刊がソフトバンク・クリエイティブから出たよ。

『病気が治る免疫相談室』

Q&A形式で安保徹先生が読者の質問に応えてる。

医師の方も是非、読んでみて。

21世紀の診療テキストだよ。

読んでると、メンタルセラピーの影がチラチラ。

これからの安保徹先生の本の中にみやじっちのDNAが混入していくかも。

安保徹先生の本が出ると、
湯島清水坂クリニックの患者さんが増えて、
健康になって、
卒業していく人が増える流れができるといいな。

この本読んで治っちゃう人は、
わざわざ来なくていいですよ。

それだけの力のある本です。

いや、みなさんの中に自己治癒力があるのだった。

生きる喜び思い出そう。


posted by みやじっち at 11:22| Comment(0) | 湯島清水坂クリニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「命はやわじゃない!」がんサバイバーホノルルマラソンツアー!東京で放映!

3.6に西尾市で再コラボする貴さんからのメッセージだよ。

杉浦貴之です!

「命はやわじゃない!」がんサバイバーホノルルマラソンツアー! ドキュメント!!!


いよいよ、東京で放映!!


2011年2月19日(土) 午後1時53分〜午後2時23分

〜がんサバイバーたちの42.195キロ〜がん患者たちが夫婦愛や家族愛に支えられ、ホノルルマラソンを完走する姿を通し「想い」がどれだけ人を強くするのかを伝えます。

http://www.tv-tokyo.co.jp/program/detail/17690_201102191353.html

番組内容
2010年12月に開かれたホノルルマラソンに、日本から、がん患者らのツアーが参加した。中には医者からも見離され、余命わずかと言われたにもかかわらず、家族の支えでその余命宣告を覆してしまった人も少なくない。今回のマラソンは、これからも生き続けるため、自分自身が持っている可能性を再確認するためのツアーなのだ。

続き
余命宣告という絶望を味わった患者とその家族が続けてきた壮絶な「がん」との闘い。そして患者たちが夫婦愛や家族愛に支えられながらマラソンを完走する姿を通し、「想い」がどれだけ人を強くするのかを伝える。



チームメッセンジャー 応援団のページ
http://www.resumai.com/ouendan.htm
posted by みやじっち at 10:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

常陸太田倫理法人会でのメンタルセラピー講演、19日メンタルセラピスト体験講座

茨城県、常陸太田倫理法人会の方々、ありがとうございました。

15日ナイトセミナー、16日モーニングセミナー、
共にありがとうございました。

みやじっちの
お父さん、お母さん世代へのメッセージ。

生んでくれて、ありがとう。
育ててくれて、ありがとう。

これからは一緒に
人生を楽しみましょう。

20代、30代のお子さんたちを
いつまでも子供と見ないほうがいいかも。

人生を楽しむこと、
やりたいことを選んでいいんことを、
口で語るのでなく、
背中で語ろう。

みやじっちの同世代か、
これからの人たちに。

新しい関係を築こう。

笑顔の関係を連鎖させよう。

メンタルセラピスト養成講座でも
親子関係が話題になります。

子育ての成功と失敗って、
なんだ?

子供が親の言いなりになるのが成功か?

親とはもう二度と会いたくないという想い...

苦しい関係は、一度連鎖を切ろう。

今、愛なら、自分をどうする?

愛なら、親とどうする?

子供とどうする?

メンタルセラピスト体験講座でも、
親子関係のこと、話してます。

19日土曜19時から21時で、
みやじっちも前半一時間ぐらい
話します。

自分の中の愛を思い出しに来てね。
posted by みやじっち at 08:05| Comment(0) | メンタルセラピー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。