2010年12月20日

平成23年1月22日土曜東京・田町カウンセラー・セラピストがいきいきと活動するために by 薬を使わない精神科医

えっちゃんが企画してくれました。

告知手伝ってくれるとうれしいです。

悩みのある人も、是非、来てね。

みやじっち

ここから

うつ病と診断される人が増え、カウンセラーを必要としている人がたくさんいます。

この時代を憂いながら、支援したくてもなかなかできない現実もあり、
カウンセラーの資格をもちつつ、それを活用できない方が多いのではないでしょうか。

そして、今の自分がどのくらいの支援ができるのか、不安に思う方もいらっしゃるので
はないでしょうか。

今回は、湯島清水坂クリニック院長 宮島賢也先生をお招きし、私たちカウンセラーや
セラピストが「自分らしく」「いきいきと」クライアントさんを支援できるような心の
あり方をお話しくださいます。

シェアタイムを取りながら、学びを深めていきましょう。

申込 http://kokucheese.com/event/index/6091/

■薬を使わない精神科医
 宮島賢也氏のプロフィール
 (mixiより抜粋)

===============================================
2008年7月21日ピーター・セージの講演に出て、
決断しました。

薬を使わない精神科医として生きる。
精神科医療を変え、
悩む人を薬から解放し、
自殺者を無くし、
幸せな社会を創る。


『自分の「うつ」を治した精神科医の方法』KAWADE夢新書
http://amzn.to/bjnI1p

『薬を使わずに治すうつ、みやじっち先生のメンタルセラピー』ルック
http://look.officialwebsite.jp/article/13716197.html

『安保徹の免疫学 症状別実践編・入門』別冊宝島・安保徹監修・宮島賢也指導
http://amzn.to/a2Jk9R

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

湯島清水坂クリニック院長
自律神経免疫療法で
精神症状だけでなく、ガン、リウマチ、アトピーなど、
あらゆる症状に対応

メンタルセラピスト養成講座
精神症状も対応でき、健康を増進し、家族関係を円
滑にし、幸せな社会を創るセラピスト。
ジェイ・コミュニケーション・アカデミーにて養成中!

メンタルヘルス顧問、産業医
アートアセスメント
ジェイ・コミュニケーション・アカデミー

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

夫婦喧嘩の常態化する家庭で育ち、
共感性の無い教育ママの養育の下、
開成中学、開成高校に進学したけど、
慢性的な死への誘惑を感じていました。
20歳までは生きないぞと酒やタバコに浸る時期もありました。

価値のない自分だけど、医師なら人の役に立てるかなと
医学部を目指し、母から離れるため全寮制の防衛医大へ進学。
医学部の中で、全科の知識を詰め込み、
どの科の医師にもなれる国家試験合格。

始めは循環器内科医を目指しましたが、
付いていけず、挫折。
全身を診る家庭医に転向しましたが、
意欲が出ず、精神科の教科書をひっくり返し、
うつ病と考え、精神科受診。
抗うつ薬を処方してもらいました。

軽躁になり、気分安定薬に変更。
うつと軽躁の波を繰り返してました。
小児科医の妻と結婚、長男をもうけました。

家庭医として全身を診るのに不安を感じ、
話から診断し、診断基準のある精神科に再度転向しました。
自分の治療にも役立つと考えました。

しかし、精神科での診療は非常にストレスフルで
そのストレスを家庭にぶつけてました。
長男をもうけましたが、妻とは衝突することが増えました。
親を見て、仲の悪い親は離婚すべきだと思っていましたが、
自分たちが不仲になって行きました。

そんな中、自己啓発の本に出会い、自分を変えようと思いました。
うまくいっていないのは、仕事と家庭。
言葉を変え、食事を変え、人生を変える。
2ヶ月で20kgやせ、エネルギーあふれる生活になり、
7年飲んでいたうつ病で飲んでいた薬を中止することができました。

妻とは離婚したけど、自分のコミュニケーションに問題があると分かり、
心理学、コミュニケーションを学びました。
人間関係特に親子関係による症状、目標、価値観の重要性を学びました。

痛みのある自分だから分かったこと、たくさんありました。
ストレスフルな病院の精神科は辞めました。
栄養療法のクリニックで診療に当たり、
うつ病だけでなく、統合失調症の人も薬を無くす
お手伝いをさせてもらいました。
パニック障害や摂食障害の人の回復のお手伝いもさせてもらいました。

選択理論の創始者のウィリアム・グラッサーの
精神病は存在しないというのを経験しました。
あるのは不幸な状態。

生き方を見直そう。
人間関係を見直そう。
食事を見直そう。

薬は化学物質で、原因を治療していない。

低血糖症は医師の知らない病氣。
自然からかけ離れた生活をし、
自然からかけ離れたものを食べている。
自然から学ぼう。
子どもから学ぼう。

人は病氣になるために生まれてきていない。
健康になるために生まれてきている。
そしてあなたは、幸せになるために生まれてきた。

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

mixiネームはみやじっち マイミクさん募集中
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=16543161&from=navi

携帯ホームページ「クスリを使わない精神科医」
http://www.just.st/7212572/

ブログ
「うつは薬じゃ治らない!」
http://nodrughappymind.seesaa.net/

メルマガ
「うつは薬じゃ治らない!食事を変え、
言葉を変え、自分でうつを治す」
http://www.mag2.com/m/0000269504.html

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞


開催概要

日時 2011年01月22日(13:30〜16:00 (開場 13:00))
開催場所 東京都町田市・町田市民文学館 ことばらんど
(東京都町田市原町田4丁目16番17号)
参加費 2,000円(税込)
定員 50人(先着順)
主催
産業カウンセラーの会

申込 http://kokucheese.com/event/index/6091/
posted by みやじっち at 16:47| Comment(0) | みやじっちセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『食事でかかる新型栄養失調』三五館、子若順一先生、国光美佳先生の本にみやじっちの推薦コメントが載ってます!

食品と暮らしの安全基金の子若順一先生と国光美佳先生の
『食事でかかる新型栄養失調』が三五館から出たよ。

みやじっちが、東京都立立川短期大学名誉教授の吉田勉さ先生や
日本福祉大学各員教授の大和田孝士先生や
NHKスペシャル「人体」制作者の林勝彦先生とともに
推薦コメント書いてます。

躁うつ病と診断されていた人も、食事を変えて、回復しているって。

食事を入り口に生き方を変えて行きましょ。

ストレス性障害や更年期障害と診断されている人もアスペルガーと言われた子供たちも
楽になってるね。
posted by みやじっち at 16:21| Comment(0) | メディア掲載 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

路上癒し人みやじっち投げ銭トークライブ!再演決定!今年最後のメンタルセラピスト体験講座12.22水曜!

昨日の図書館カフェHABI∞ROADでの
路上癒し人みやじっちメンタルセラピートークライブ!
に来てくれた人、ありがトン。

店長のひらいラマさん、ありがトン。

参加者が笑顔になっていくのステキね。

カウンセラーやセラピストで、
病気と悩みの境目で悩んでいる人いたら、
是非来てね。

受診したくない人を
受診させないであげて。

薬を出せない精神科医では
もったいない。

薬を出せないからこそ、素晴らしい。

カウンセリングやセラピーで
相手が自分で生きる喜びに目覚める
お手伝いをしていこう。

自分を制限できるのは
自分だけ。

愛の連鎖を創り出そう。

図書館カフェHABI∞ROADでは、
平成23年2月13日日曜15時から17時で
路上癒し人みやじっちの
投げ銭メンタルセラピートークライブ!
再演決定!

カフェ料金で参加できて、
みやじっちには
よければ、投げ銭、投げ札?してね。

図書館カフェでは、
みやじっち本
『自分の「うつ」を治した精神科医の方法』
KAWADE夢新書、
『薬を使わず治すうつ、みやじっち先生のメンタルセラピー』
ルックを販売してくれてます。

ルックのマンガを描いてくれた
いとうなおこさんのかわいいイラストの
Tシャツと
メッセンジャー杉浦貴之さんとのコラボの
『伝説の300人トークライブ!』のDVDは
注文できます。

早くみやじっちの話が聴きたい人は、
年内最後のメンタルセラピスト体験講座が
12.22水曜19時からあるので、
来てね。
こちらは3000円。

詳しくは、ジェイ・コミュニケーション・アカデミーの
ホームページで。

申込・問合せは、03 3373 2378
posted by みやじっち at 08:24| Comment(0) | みやじっちセミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。