2010年09月30日

今年も青森・八戸行くよ!10.10ナギサカフェこらぼ!

今年も青森八戸に行くで。
八戸からメンセラに通ってくれた、
フードクリニック・ナギサカフェの
なぎさとコラボだよ!


八戸のメンタルセラピスト、ナギサカフェの下田尚子です☆


今年も青森県八戸市まで、

講師に

薬をつかわない精神科医

東京、湯島清水坂クリニックの院長

宮島賢也先生

をお招きして、トークセッションをします。


前回は定員50名のところ100人近いご来場を頂きましたので、今回は広めの会場をご用意いたしました。

八戸市総合福祉会館  多目的ホール


2010年10月10日【日曜日】14時〜16時

参加費1000円です


お申し込みは

ファックス、またはメールで

smiring事務局

ナギサカフェまで

0178−24−4080


ご参加お待ちしております
posted by みやじっち at 22:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心友杉浦貴之さんの秘密〜貴さんのメルマガから


こんばんは!シンガーソングエロランナーの杉浦貴之です。

今週末は、愛知県岡崎市「はなのき村」、日曜は岐阜県下呂町宮田小学校
でトーク&ライブです。

先週は愛知県豊田市でした。

この間の平日は、メッセンジャーの原稿と向き合いながら、チームメッセ
ンジャーのことをしながら、適当に休みながら、体を整えています。

次のトーク&ライブまで、体調を万全にするため、

お酒は飲まない、タバコは吸わない、夜遅くは食べない、食事は野菜中
心。体を冷やさない。夜更かしをしない。

自分としては当然のことです。でも、もうちょっと運動しよっと。


今日は、とてもとても縁の深い、がん患者支援団体、CHN(キャンサー
ヘルプネット)が設立10周年を迎え、ぼくとCHNとの関わりを書いて
みたいと思います。

CHNとご縁を頂いたのは、2005年の1月のこと、久留米で行われた
CHN主催の林田繁医師の講演会がきっかけです。

当時、ぼくは宮崎県に住んでいて、命のマガジン「メッセンジャー」を発
行したばかりの頃でした。

がんと向き合い、その原因を自分なりに探求する中、まだまださ迷い歩い
ていたときにCHNに出会え、林田医師と出会えたことは、自分の中では
本当に大きな出来事でした。

この出会いによって、「力をもらった」というよりも、入りまくっていた
「力を抜く」ことができました。

真面目で、優等生で、いい子で、がんになったのに、こともあろうに、が
ん患者の優等生あろうとしていた時期でした。「がん患者の模範にな
れ!」と自分に強烈なストレスをかけていたのです。

そんな時期、CHNのメンバーが林田医師のこんな言葉を送ってくれまし
た。

「卑怯者と言われても逃げるが勝ちだ」

林田医師は、人間だけがストレスに立ち向かうのだと言います。

そう、人間以外の動物はストレスから逃げまくる。ときには笑って逃げて
しまえばいい。自分のために。

もっと力抜いて、いい加減でいい。力を抜くと、新たな力が宿る。気合い
抜くと、新たな気が宿る。花だって、木々だって、そこに全力では立って
いないはずです。

ただ、逃げたほうがストレスになるんだったら、逃げないほうがいい。

他にもCHNのメンバー、林田医師がたくさんのことを教えてくれまし
た。

「他人どう思われようが気にしない」

わがままと言われようと、自分の命が大事。巻き込まれず、流されず、マ
イペース、自分らしさが命を輝かす。その輝きで、周りの輝きと照らし
合っていけたらいい。

そして、この言葉が自分を本当に楽にさせてくれました。

「NOと言いなさい。付き合いは大事。でも、もとより我が国は個を滅し
て付き合う揚句、病気になっている人だらけ。

社会の仕組みがそうだから仕方ない、仕方ないが何とか出来ないものだろ
うか・・・。君になら出来るよね。と言う事で、君の次なる使命は、『N
Oと言うこと』。

ただNOと言うだけではなく、何故NOなのかを説き、日本の悪しき慣習
を打ち崩す。

どう?サバイバーの君だから出来る事だよ!君なら説明付きでNOと言え
るから。君の説明付きのNOなら皆が許すから。

君が話しを聴かせる対象は罹患者のみならず、未病の一般大衆にまで広が
る。患者を励ます、からがんの予防にまで発展!

そこ、CHN=ガン予防団体=のお願いだ(笑)。無理なく、がんばれ。
いい子にならなくていいよ〜」

林田医師は、「医学的には杉浦くんが生きているのは、例外かもしれな
い。でも、例外の中にこそ、真理があるのではないだろうか」と言われま
した。

ぼくのように、余命宣告をはるかにオーバーし、さらにがんになる前より
も元気に幸せに生きていることが、「例外」ではなく「当たり前」と言わ
れる世の中にしたい!

そのために、微力ながら、できることをしていきます。いい子にならない
ように、力を抜きながら、ときにはNOと言いながら、適当に、ユルユ
ル、ヌルヌルで!

てんつくマン呼びかけのイベント! 熊本!ぼくも出させていただ
きます!

●○●○●○●○
10月24日は熊本1000人植林に挑戦!
『EARTH CHILD 2010 1000人の植林チャレンジフェスティバ
ル〜』
みなさん、声かけお願いします!
植林のみ参加は1000円!
植林&ライブ参加で3000円!

●○●○●○●○
遂に始まる植林伝説。この日、全国から集まる1000人以上の仲間達。

数えきれない同志ともに刻む『希望』の『記憶』。

午前は1000人以上でワイワイ植林!!午後はてんつくマン映画でおな
じみのメンツが大集合して、大はしゃぎの野外フェス!

ゲストはFUNKIST、おかん、南ぬ風人まーちゃんバンド、森源太、
杉浦貴之、堤晋一、Natural Radio Station。

さらに、すんごい大道芸人、「ちゃんへ」

ライブの司会は、中村文昭、大嶋啓介、てんつくマン!

『あの日、歴史が動いたんだ・・・。』そんな日をあなたも一緒につくり
ましょう!

この日、1000人以上の人が来たならば、2011年3月日本史上初の
1万人の植林に挑戦する予定です。

挑戦権を勝ち取る為にも仲間を連れてご参加を!

■開催期間

10月24日(日)

■詳細/お申込は↓

(PC)http://www.wonderful-world-syokurin.org/wecan/?p=6505

(携帯)http://www.wonderful-world-syokurin.org/mobile/headline.php
?post=6505

●○●○●○●○

森源ちゃんの熱いライブ! いつもと違う、バンドライブです!!

森源太バンドワンマンライブ 〜伝説のライブin名古屋前編〜

2010年10月9日(土)
18:00〜オープン 18:45〜スタート 21:30 終了予定

ライブハウス『MUJICA(ムジカ)』
名古屋市中区錦3-6-15 たての街ビル

チケット予約は申し込みフォームからお願いします。
↓↓↓
http://fm.sekkaku.net/mail/1281094404/

問い合わせ  09044672953(小原) 

チケット
大人2,800円(1ドリンク付き) 中学生以下1,000
円(1ドリンク付き)

◯●

続きはこちら


[メルモPR]
視力の低下はレーシックで回復

バックナンバー
http://bn.merumo.ne.jp/list/00553107
posted by みやじっち at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NPOえほんうた・あそびうた代表のウクレレ西村さんからのメッセージ

<自分のミッションを見出した治療>   

西村直人 音楽家 
NPOえほんうた・あそびうた代表理事 

僕は歌を通して
人々に幸せを届ける
という使命に立ち戻る事ができました。

そうすると7年治らなかったうつが、
みやじっち先生の診療で
わずか5ヶ月で完治しました。

 振り返るとそれは、
自分が本来何の為に生きているか
ということに気付き、
そのミッションにそって
行動できるようになる
というプロセスでした。

仕事が多いからではなく、
本来やるべき事をやっていなかったことが、
ストレスになっていたのです。

 僕はミュージシャン(キーボーディスト)として
活躍し順風満帆ともいえましたが、
与えられた仕事をまじめにこなしている
といった感じでした。

ところが、子育て中に
子どもたちから無償の愛や
無限の創造力をもらい、
たくさんの歌を作曲するようになりました。

それが本来の僕自身の
深い所から溢れ出る
真に自分の音楽だと確信できました。

絵本や子どもたちとの生活をテーマに
年間300曲というペースで
作曲したりする時期もありました。

 サポートの仕事で
自分の音楽を発信することの大変さを
いろいろなアーティストを
そばで見ていて知っていた
(自分が勝手にそう理解していた)ので、
自分の音楽を世に出す事に
大きな壁を感じ
自分から行動することを
最初から諦めていました。
誰かが救い上げてくれる事を
待っていました。

しかし、何も起きませんでした。

 そのうち、鬱になりました。

自分のやりたいことに蓋をしていました。

できないことを仕事のせいや、
家族のせい、周りの環境のせいに
していました。

というか、自分がそもそも
何がやりたかったのかさえ、
意識できずに忘れてしまっていました。

 みやじっちさんの診療の最初に
「病気は自分で治す」
「うつはメッセージ、
幸せになれば自然に去っていく」
ということを自覚するように促され、
そこにエネルギーを向けると
「ああ僕は治るんだな、
治っていいんだな。」
と思う事ができました。

何が自分にとって大切なことか
意識できるようになりました。

 それから、治療の最初は
体がほぐれることが何より大きかったです。

鍼の先生が体をほぐしてくれます。

入浴、枕、食事の指導もしてくれました。

体がほぐれると心もほぐれることが
すぐに実感できました。

心と体はつながっている。
本当に答えはシンプルです。

こんな大事なことを
現代医学ではやらないことを
疑問に感じます。

 そしてみやじっち先生の名コーチぶりで
前に進んでいけました。 
新しい歌の世界へ旅立ちたく
仕事を整理しようとしていると、
大きな壁がありました。

妻に今の仕事(福祉施設での支援の仕事)をやめたい
ということをなんて言っていいか
悩んでいたのです。

するとみやじっち先生は
「あなたの人生ですよ。
奥さんに言う必要がありますか?」

僕はびっくりしながらも
自信を持って新しい道に進む事を
決意できました。

 次の診療で仕事をやめたことを告げると
「そのこと奥さんは知ってますか?」

僕は心の中で
「ええ!?この前ということが反対?」
とまたびっくりさせられながらも
「いえ、まだ知りません。」

すると
「情報は共有していた方がいいですね。」
と先生。

僕はうまいことやられた!と
笑ってしまいました。

 その後、引き寄せという言葉が
一番あてはまるのですが、
自分が決断し
情報とエネルギーを発信し出すと、
自分を応援してくれる人たち、状況が
次々とあらわれました。

そして自分の活動を実現する
「NPOえほんうた・あそびうた」なる団体を
代表として立ち上げる事ができました。

 さらにみやじっち先生も
いろんな学びをへてこられたことを知り、
ジェームススキナーさんや
福島正伸さん、
エドウィンコパードさんといった
成功哲学、心理学、
経営コンサルタントや
ヴォイスマスター
といった分野の方たちから
たくさん学ぶことにしました。

今は学びながらそれを実践する日々です。

 マイナス(病気)の状態から
ゼロ(病気でない)にするというのではなく、
プラス(本来の自分が成長し続ける状態)に
転じたのです。

 僕がうつを手放すのを加速させた
経営コンサルタント
福島正伸さんの言葉です。
「悩んだ人ほど悩まなくなる」

「やるということだけは決める。
どうやるかはすべてあとでよろしい。」

最後に宮島先生、
横山先生、
スタッフの皆様
ありがとうございました。
posted by みやじっち at 07:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。